特別養護老人ホーム 飛鳥の郷

飛鳥の郷「生活の当たり前のことを、一番丁寧に支援します。空を飛ぶように、のびやかな気持ちになれる場所です。」
利用者さんとスタッフの笑顔

心ゆくまで自分のペースで食事をする。お風呂に肩までゆっくりつかる。行きたい時にトイレに行く。こういった「当たり前」のことが、年齢とともに一人ではできなくなってくるのは避けがたいこと。しかし、『飛鳥の郷』では、お食事・ご入浴・トイレ、この3つの生活の基本について徹底的に考え、それぞれにとっての「当たり前」を実現するために、試行錯誤を繰り返しています。


お友達同士談笑する利用者さんたち

派手なイベントが多いわけでは決してありませんが、利用者様も、さらには職員まで、どこかくつろいだ雰囲気です。『飛鳥の郷』のモットーは、「自分が入りたくなるような施設にしたい」。そのために、職員が安心して楽しみながら働き、この場所を好きになることを大切にしています。こうして生まれる丁寧で安心な時間が、生活の場に一番求められているものだと考えています。


特色

3つの生活の基本

職員自らが営んでいる自由な生活を基準とし、介護のあり方を考えています。

ノーエプロンを目指すお食事

介護施設でよく見られる、利用者様のエプロン姿。しかし、大人の日常生活に食事用エプロンはありません。エプロンは不自由の象徴なのではないか…できる限り使用したくないと考えました。職員が利用者様の「スプーンで安全に食べられる量」を把握していれば、食べこぼすことはなく、エプロンだっていらないはず。落ち着いてできるだけマンツーマンでお食事のお手伝いをしていくために、現在、職員の休憩時間や出勤時間の変更、事務職員のサポートも募り、お食事時間に可能な限り支援員の数を増やす試みを実施中です。利用者様と楽しく会話をしながら食事が食べられるように努め、食事用エプロンゼロを目指しています。


心まであったまるご入浴

寝ている自分の足元から、お湯が迫ってくる…これは、立位が取れなくなってしまった方が利用する「機械浴」を使用した際の感覚です。慣れるまでは恐怖感がどうしてもあります。できる限り、ご自宅と同じ環境のお風呂に入り、心からリラックスしていただくためにはどうしたら良いのか。ここでも必要なのは「余裕」でした。職員が余裕を持って対応出来るご入浴人数にすれば、普通のお風呂でも安心して入っていただくことができます。
また、ご入浴の最初から最後まで、同じ職員が担当させていただくように努めています。流れ作業の中に自分が置かれた時の気持ちは寂しいものです。心もしっかりあったまってほしい。その一心です。


あきらめないトイレ

だんだんトイレに行きたいのかどうかわからなくなってくる利用者様。じゃあ、こちらの組んだスケジュールで決まった時間にトイレにお連れすればよいのか。ここでも言えることですが、流れ作業の中にいる気持ちはいたたまれないものでしょう。そこで、職員の観察眼をフル稼動させ、トイレが必要なのか「察する」ことを徹底しています。トイレの習慣を忘れないでいただきたいから、それぞれのトイレの周期をつかみ、誘導のタイミングを合わせていきます。
また、意思表示がなくても、可能性があるうちは絶対にトイレへとお連れするようにしています。ここでは、少しでも自由な生活を続けていただくために、職員からあきらめることはありません。


職員の想い

『飛鳥の郷』のモットーは、「自分が入りたくなるような施設にしたい」。
そのために、職員が安心して楽しみながら働き、この場所を好きになることを大切にしています。
まずはボーダレス。ここでは、全職員が全利用者様の状態を把握しており、担当の区別がありません。そのため、どこかのびのびと開かれた雰囲気があります。利用者様にとっても、頼れる職員が多ければ多いほどのびやかな気持ちにつながるはずです。
また、いきなり高度な仕事を任すこともありません。夜勤に一人で入れるようになるまで、先輩のもとでたっぷり一年間の研修を受けるようにしています。利用者様の余裕の一番の基盤は、職員の余裕に他なりません。
『飛鳥の郷』のくつろいだ雰囲気は、このようにして生まれています。

ご入所について

輪投げゲームをする利用者さん

介護保険において、要介護1以上の認定を受けた方がご利用になれるサービスです。くつろいだ雰囲気の中、丁寧に毎日を重ねていくことを大切にしています。


一日の流れ

飛鳥の郷の入所の一日の流れ

 

ショートステイについて

レクリエーションを見物している利用者さんたち

ご家族での生活や介護が一時的に困難になった時に、一定期間ご利用いただけます。サービス内容はご入所と同じになります。土日も送迎を行っておりますので、ご相談ください。


一日の流れ

ご入所の「一日の流れ」をご参照ください。

デイサービスについて

みんなで元気に体操

少人数で落ち着いた雰囲気が好評の日帰り介護サービスです。健康チェック・日常動作訓練を兼ねたレクリエーション・お食事・ご入浴などのサービスをご提供いたします。もちろん送迎も行っております。


一日の流れ

飛鳥の郷のデイサービスの一日の流れ

 

併設施設 居宅支援事業所あすか

介護経験が豊富なケアマネージャーが、在宅の方への必要な介護・福祉・保健医療サービスがより利用しやすくなるようにお手伝いする「福祉の相談窓口」です。
介護保険での介護認定を受けた方が介護サービスを受ける為には、居宅介護サービス計画(ケアプラン)を作成する必要があります。ケアマネージャーが、サービスを必要とされるご本人やその家族の方々と相談しながら、在宅介護サービスを組み立てていきます。また、介護サービスがスムーズに利用出来るように各事業者との連絡調整も図ります。
その他、介護に関する各種ご相談も承っております。ケアマネージャーが、介護保険やその他の制度等を活用しながら、皆様の在宅生活をサポートします。
048-578-2220(8:30〜17:30) FAX : 048-578-2244
ご利用のお問い合わせは、お気軽にお電話ください!

施設概要

施設名

特別養護老人ホーム 飛鳥の郷

施設長

平澤祐介

住所

〒369-1109 埼玉県深谷市上原496番地

TEL

048-578-2233

FAX

048-578-2244

定員

入所70名
ショートステイ10名
通所18名

※平成30年4月より、ユニット型(入所)40名を増床予定

メールアドレス

asukano-sato@cream.plala.or.jp

アクセス

ご利用ガイド

048-578-2233
(平日9:00〜17:00)
ご利用・見学のお問い合わせは、お気軽にお電話ください!

ご入所

ご利用可能な方

先ずは、介護保険にて要介護1~5の認定を受けている方が対象となります。しかし、要介護1~2の認定を受けている方については、所属する市町村の認定等の特別な手続きが必要です。

身体上または精神上著しい障害があるために、常時の介護を必要とし、在宅介護困難な方で、疾患等が安定しており、医療行為の必要性が少ない方。

入所申込みに関して

随時、入所申込を受け付けています。担当者は施設の生活相談員となります。施設の設備見学やご利用者様方が生活している雰囲気等、口頭では説明出来ない重要な部分も多くありますので、是非ご来設されることをお勧めします。
入所申込には以下の3点の書類が必要です。
a.特別養護老人ホーム優先入所申込書
 ⇒当施設所定の様式です。当施設にあります。
b.介護保険証の写し(コピー)
c.最新の認定調査票の写し(コピー)
 ⇒現在の介護認定の介護度を決定した際の事前調査票です。
  市役所等で申請し、お取り寄せ下さい。
  その際、介護保険被保険者証の被保険者番号等が必要となります。
  尚、自治体によっては手数料やコピー代等の費用がかかる場合があります。

入所者の選考について

先ずは「埼玉県特別養護老人ホーム優先入所指針」に基づいて点数化します。それに、当施設職員と地域一般の方より選出した第三者委員で構成される「入所検討委員会」にて討議し、県指針では点数化されない部分を補う目的で施設独自の判断による評価や、その時の施設の受け入れ体制による調整等を加えて、待機者の順位を決定しております。入所検討委員会は基本的に奇数月の月末に開催しています。
現状としては、待機者の順位は会議毎に変動しています。

利用料金表

入所サービス料金表PDF

入所サービス料金表PDF (236.6KB)


ショートステイ(短期入所生活介護)

■短期入所生活介護/介護予防短期入所生活介護  ■事業所番号 1174501336

ご利用可能な方

介護保険にて、要介護1~5または、要支援1~2の認定を受けている方が対象となります。疾患等が安定しており、医療行為の少ない方のご利用に適しています。

運営方針

当施設は、居宅介護サービス計画に基づき、食事・入浴・排泄等の介護、相談及び援助、機能訓練、余暇活動、健康管理上の世話を行うことにより、ご利用者様が在宅生活を継続していけるようになることを目指しています。

定休日

なし。

定員

1日あたり10名
個室×2・多床室(4人部屋)×2

※その他、入所者の入院中等の間に、ショートステイ(空床利用)が出来る場合もあります。

サービス提供地域

基本的には深谷市ですが、その他の近隣市町村の方でも、要相談ではありますが、ご利用出来る場合があります。また、深谷市内であっても、施設からの距離が遠い地域に関しても、要相談とさせていただきます。

ご利用申し込みに関して

ご利用前のご相談・お申し込みは随時受け付けております。担当者は施設の生活相談員となります。施設の雰囲気や設備等、電話では説明出来ない部分もございますので、是非ご来設されることをお勧めします。 また安全の為、ご利用前にご本人の状態や感染症等の有無を確認させていただいております。その調査結果をもとに、当施設内での利用判定会議を開催し、利用の可否を決定させていただいております。

利用料金表

デイサービス(小規模型通所介護)

ご利用可能な方

介護保険にて、要介護1~5または、要支援1~2の認定を受けている方が対象となります。疾患等が安定しており、医療行為の少ない方のご利用に適しています。

基本的な営業時間

9時~16時15分

定休日

土~日曜日、年末年始(12月31日~1月3日)
※祝日でも、上記以外の日程では営業しております。

定員

各日18名

サービス提供地域

基本的には深谷市。その他の近隣市町村の方でも、当施設からの距離が近い場合にはご利用出来ます(要相談)。また、深谷市内であっても施設からの距離が遠い地域に関しましても、要相談とさせていただきます。

ご利用申し込みに関して

ご利用のご相談・お申し込みは随時受け付けております。担当者は施設の生活相談員となります。施設の雰囲気や設備等、電話等では説明出来ない部分もございますので、是非ご来設されることをお勧めします。
また、ご利用前にご本人の状態や感染症等の有無を確認させていただいております。その調査結果等をもとに、当施設内での利用判定会議を開催し、利用の可否を決定させていただいております。

利用料金表

デイサービス料金表PDF

デイサービス料金表PDF (191.4KB)


ご利用状況

採用情報

ただいま登録されている情報はありません。

お知らせ

最新の日記

読み込み中

お問い合わせ

048-578-2233
(平日9:00〜17:00)
ご利用・見学のお問い合わせは、お気軽にお電話ください!